2011年03月24日

次回輸入貨物に関してお知らせ

皆様こんにちは村上でございます。
-----------------------------------------------------------------------------
今回の東日本大震災にて被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
被災地の1日でも早い復興を心よりお祈り申し上げます。
-----------------------------------------------------------------------------

次回の輸入貨物に関してのお知らせです。
今年年頭から行われておりましたフランス湾岸ストライキの影響で輸入手配が大幅に遅れておりました。
暫定的ではありますが2月半ばにストライキが解除されたとの連絡を受け、すぐに諸々の手配を行いました。

その結果、昨日配船日程が確定し、貨物の到着日程が確定いたしましたのでここにお知らせ致します。(日程はあくまでも予定です)

フランス出港:4月1日
日本到着  :5月4日
店舗への搬入:5月12日頃から

となります。皆様には貨物の遅れに伴うご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

貨物が到着するまでの約1ヶ月半。随時状況をブログに上げていこうと思います。
またせっかくの機会なのでフランスからどのようにやってく
るのかをご紹介したいと思います。

まず私が現地に出向いて見つけた蔵へコンタクトをとります。
(いわゆる在庫確認と価格の確認など)

各蔵のワインと数量が確定したら集荷業者へ集荷と輸出手配の依頼をします。
イデアルではワインやビヴァレージを専門に行うJF Hillebrand(ヒルブランド社)に依頼しています。
hillebrand3.jpg
ヒルブランド社のフランス支社から我々が依頼した蔵へワインをピックアップしてきます。
ヒルブランド社のカミオン(トラック)が各蔵を回ります。

pickup.jpg
ドメーヌ・アンリのピックアップ風景 トラックはもちろんリーファー(保冷車)です。

こうして集められた貨物たちはボーヌにあるヒルブランド社の大型倉庫へ運ばれます。
ここでコンテナ詰めが行われる訳です。

hillebrand2.jpg
コンテナ詰めを終えたら指定された港へトレーラーで運びます。

今回我々の貨物が乗る本船は北フランスのル・アーブル(Le Havre)港です。
ボーヌから出発港ル・アーブルへ向けて貨物を運んでいきます。

lehavre1.jpg
ル・アーブルのコンテナターミナルです。フランスの2大貿易港の一つです。でかい!

lehavre2.jpg
ルアーブル港の位置はドーバー海峡に面したフランスの北です。

さてこれからが船旅の始まりです。コンテナを満載した本船は下記のルートをたどって
一路東京港を目指します。長旅です。

2011.3.23-1.jpg

本船の出港は4月1日です。
ノルマンディーを抜け、スペインを回ります。スペインとアフリカの間、ジブラルタル海峡を抜けて地中海へ...

エジプトとサウジの間にあるスエズ運河を抜けてインド洋へ抜けます。
マラッカ海峡を抜けて(ここが一番赤道に近ずきます)太平洋へ...
香港、台湾をパスして東京へ...

nyk.jpg
今回の本船です。NYK Oceanus 019


そして東京港へ到着。
tokyobay2.jpg
東京港の国際コンテナターミナルです。ここに到着します。

tokyobay1.jpg
場所はここです。ここに5月4日に到着します。

ここからコンテナを保税倉庫まで引っ張っていきます。(この段階ではまだ外国貨物扱いです)
2〜3日後、税関立ち会いのもと検査を行い、問題がなければ国内貨物として通関されるます。
こうしてようやく我々の元へやってきます。
ふー長い!

イデアルでは買付けから輸入、販売まですべて自社で行っているわけですが、実際にワインが日本に到着するためには様々な方々のお力をお借りしてる訳です。感謝!

こうして我がイデアルの店頭に並ぶわけです。
5月12日頃には皆様にご紹介できると思います。
今回、2月の買付けで見つけた新たな蔵元のワインが4種類ございます。

楽しみにしていてください。




posted by ideale at 14:40 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
技術は常に革製品の製作の中の各種の流れ、製作の方法と制作技術を指すので、反映の1つの製品の品質と等級の重要な一環です。ルイヴィトンスーパーコピーは主に材料を選んで、材料の技術をつけることを含みます;皮の厚さ、幅、傾斜度のなど技術とデータをすくいます;裁縫の方面の注射針の形、針号、針、、線の株数、線の色、線の質がおよび明日縫う、暗いすきま、半分の明るいすきまの技術とデータ;補助材料の選択して使用すること、処理の技術とデータ;ルイヴィトンスーパーコピー組み立ての流れ、ヘム、縁取り、油の辺、のり、似合う技術とデータ;烙印、糸印、車の装飾の線、コンピュータは縄、パール付き、を刺繍をして、押し抜いて、着て花などの装飾技術とデータ各種の常規の技術と特殊工芸を打ちます。ルイヴィトンスーパーコピー
Posted by ルイヴィトンスーパーコピー at 2014年03月03日 15:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。